訪日タイ人はどうやって飲食店・レストランを調べてるの?

0
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

日本の皆さんこんにちは!

SUGOI SIM調査隊です!

タイ・バンコクから訪日タイ人の調査結果をお届けします。

 

インバウンドに力を入れる飲食業界の方必見の調査結果ですよ!

今回のお題は、どうやって飲食店・レストランを調べたのかを、訪日経験のあるタイ人300人に聞いてみました!

調査回答者の属性はこちらをご覧ください。

 

Q:日本国内での飲食店、レストランはどのようにして調べましたか?

 

旅行情報サイトなど 51%
Pantipなどの情報サイト・ブログ 44%
現地を歩いて探した 41%
SNS 28%
友人・知人の話 19%
ガイドブック・雑誌・フリーペーパー 16%
日本旅行番組 8%
ホテルで聞いた 7%
TITFなどの旅行イベント 3%
その他 2%

※一人複数回答

 

やはりほとんどがWEBサイトですね。

旅行情報サイトなど:51%、Pantipなどの情報サイト・ブログ:44%

能動的に情報を探すときは、旅行関連のサイトやブログがメインのようですね。

以前の記事『訪日タイ人の飲食店・レストラン選びのポイントは?』では『口コミ・人気ランキング』がレストラン選びのポイントとなっていました。特にタイのPantipというサイトは、口コミ・掲示板サイトで、旅行に限らずさまざな情報が載っています。

単にお店の情報が並んでいるサイトよりも、そのお店はどうなのか?みんなはどう思っているのか?をチェックするためにレビューが載っているサイトを良く見ているようですね。

せっかく日本へ行くのだから、失敗は避けたいですもんね(笑)口コミが一番のようです。

 

現地を歩いて探した:41%

これはある意味、旅の醍醐味でもありますね。

 

SNS:28%、友人・知人の話:19%

情報を能動的に探すことに関してSNSは上位ではないようですが、きっかけのほとんどはSNSではないでしょうか。SNSでキャッチした情報のきっかけから、各サイトで詳細情報や口コミを確認するため、情報サイトで調べたことになっている部分も多いのではないでしょうか?

また友人・知人の話もSNSを介して知った情報も多いように思います

 

ガイドブック・雑誌・フリーペーパー:16%、日本旅行番組:8%、TITFなどの旅行イベント:3%

この3つはもっと高い数字が出るかと思っていたので意外でした。

特にタイでは日本旅行専門のテレビ番組がいくつかあるほどですし、当然番組内でも飲食店の紹介も出てくるシーンもあるのですが、旅行番組では視聴者が観光地に意識が向いていて飲食店の情報が訴求されにくいのでしょうか?

TITFなどの旅行イベントの数字が少ないのも、何を食べるかの前に、どこへ旅行にいくのか?の情報収集の場だからなんでしょうかね?

これらはかなり影響力があるように思っていたのですが、タイ人への飲食店のPRにはネット+口コミに比べると弱いことがわかりました。

 

やはりネットでのPR、そしてネット上に口コミが広がっていること(もちろん評判の良い口コミですよ)が集客の鍵のようですね。

これは『訪日タイ人がホテル・宿泊先を選ぶポイントはどこ?』の記事でも紹介しているように、飲食に限ったことではないようです。

 

タイでのPR、そしてリサーチに関してはお気軽にお問い合わせください。

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

 

タイのリサーチはSUGOI SIM!!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone
SUGOI SIM調査隊

Leave A Reply